株の投資を始める前に

株の投資を始める前に株についての知識を勉強しなければいけません。株のことがいまいちわかっていない状態でも株の投資はできるのですが、やはりタイミングなどもありますし、いきなり株を投資することからはじめると損が多いと思います。株の投資を始める前に株について詳しくなることをオススメします。

 

株の投資を始める前に勉強しなければいけないことは、まずは、基本中の基本でもある、株とはどういったものなのかということ、次に株に投資をするにあたって絶対欠かせられないのがチャートのよみかたです。株をするにあたってこのチャートというのは必ず出てきます。このチャートがよめないと売り買いができないので、最初に勉強しておいたほうが良いと思います。あとは株にでてくる専門用語の呼び名と意味ですね。よく使われる言葉だけでも知っておくとスムーズに進むことができます。株の勉強をする資料として、本屋さんへ行けば株について詳しく書かれている本も出ているようですし、インターネットで株について調べてみてもたくさん出てくると思います。株の投資で一番大切なことというのはやはり売るタイミング、買うタイミングだそうです。ですから一緒にタイミングも身に付けていけば良いと思います。

株の税金について

株の投資で売り買いを行い売却益を得た場合には「株式譲渡益課税」という税金がかかってきます。今かかってくる税率というのは10%でその内訳は所得税が7%、住民税が3%です。というのも、これは平成14年に源泉分離課税が廃止となって申告分離課税に一つにまとまったのを機に証券税制の見直しが行われたためなんです。

 

また株の税金には「株式譲渡益課税」以外にも掛かってくる税金があります。株券を保有していて配当金を得た場合に掛かる税金で「配当課税」という税金があります。こちらの税率も10%です。株の配当課税は源泉徴収されるので申告はいりません。また株の税金はどこで支払うのかということですが、株の投資をするのに口座を開設しますが、そのときに「一般口座」・「特別口座(源泉徴収なし)・「特別口座(源泉徴収あり)」のどれかを選択することになります。源泉徴収ありの特別口座にすれば全て証券会社がしてくれるので手間もかからず楽です。一般口座にすると取引明細書を自分で作成して自分で申告しなければいけないのでとても面倒です。源泉徴収なしの特別口座の場合は書類などは作成してくれるのでまだ楽です。自分でするのは面倒でわからないという人は「特別口座(源泉徴収あり)」にすることをオススメします。

株の証券会社選びについて

株を始めるにあたって証券会社を決めなけばいけません。ですが株を始めようと考えている人は株にたいしてまったくの初心者になります。証券会社もどこにすれば良いか迷ってしまう人も少なくないと思います。株を始めるときの証券会社の選ぶポイントなどについて紹介していきたいと思います。

 

株の取扱をしている証券会社というのは数多くあります。まずはどんな証券会社があるのか調べなければいけません。調べてみるとズラリとたくさんの証券会社が出てくると思いますが、選ぶポイントとして、まずは、株の取引をするのに必ず必要となってくる「手数料」がどれくらいかかるのか比較します。株の売買をするたびに手数料というのは掛かってきますから、安いほうが良いですよね。証券会社によっては手数料無料というところもありますから、比較は欠かせられません。次に証券会社を選ぶポイントとしてはその証券会社のサービス内容です。やはりすこしずつ会社によって内容が違ってきますから、自分が株の投資をしていくうえでもっともサービス内容が活用できるところにしたほうが良いと思います。次に証券会社を選ぶポイントとしては通貨ペア数で比較してみます。通貨ペア数が多いほうがそれだけ幅広くなるというわけですから、少ない会社よりは多いほうが良いと思います。